プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
都立大学に新インストラクターさんが誕生しました
先月、新しくインストラクターさんが誕生しました☆彡

「atelier me’tier」主宰佐々木祥子先生です!

卒業1

佐々木先生の卒業作品です。
卒業2

先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!


作品のこだわりについては下記インタビューをごらんください!

佐々木先生の卒業インタビューです!

Q:卒業されるまでのクラスは如何でしたか?

佐々木先生:もっと早くに巡り会いたかったと思えるくらい茶箱作りは楽しかったです。新しく何かを始めてみようと思っていた時、イベントでインテリア茶箱と出会い、その姿に魅せられ、1Dayレッスンに申し込みをしました。当初は1Dayレッスンで楽しく茶箱を作っておりましたが、技術を磨いていきたいという気持ちが高まり、インストラクタークラスに参加することを決めました。受講中は何度もやり直しが出て、進めない時期もありましたが、厳しくも温かい先生のご指導と同じ目標をもつ仲間の励ましで無事に終了することができ、心から皆様に感謝しております。

Q: 受講中に一番大変だったところは?

佐々木先生:フラワーアレンジメントのお仕事とレッスンの両立が大変でした。どちらも休みたくはなかったので無理をして体を壊してしまったこともありました。それでも続けてこられたのは、やはり茶箱が好きだったからです。ストライプ生地の授業では生地の表裏を間違えてしまったり、他にも気になる事が出てきて何度もやり直しを重ねました。カタチに残るものなので妥協はしたくありませんでした。遅れはとってしまったものの制作には手を抜かずに取り組んだことで満足のいく作品に仕上げる事が出来ました。

Q: 卒業制作のこだわったところは?

佐々木先生:クラスに入った時から、卒業制作は成人式の時に祖母が買ってくれた振袖を使おうと決めておりました。着物の柄をきちんと出したかったので、30Kの大きめの茶箱で作ることにしました。1点ものなので裁断するのにはとても慎重になりました。いろんなカラーを使用しているデザインの柄なので合わせる糸やタッセルのカラーも悩みました。祖母との思い出の茶箱は、これから着物や着物の小物入れとして使いたいと思っています。

Q: 今後の目標をお聞かせください。

佐々木先生:茶箱作りにはずっと触れていきたいので、生徒さんを待つだけでなく、制作には積極的に取り組んでいきたいと思います。大好きなフラワーアレンジメントやパッチワークの技術を活かし、新しい作品作りに挑戦すること、そして祖母の残してくれた多くの着物を茶箱として形に残していけたらなと思っています。

佐々木先生は都立大学にて10月より教室を随時開催する予定です。
HP・教室のご連絡先は準備中です。

今後のご活躍を楽しみにしております!
高輪に新インストラクター誕生!
先月、新しくインストラクターさんが誕生しました!

「HY ARTS&CRAFTS」主宰萩原洋子先生です!
P6270866.jpg

萩原先生の卒業作品です。
hagiwara.jpg

先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!


作品のこだわりについては下記インタビューをごらんください!

萩原先生の卒業インタビューです!

Q:卒業されるまでのクラスは如何でしたか?

萩原先生:一年間、技術を惜しみなく指導してくださった先生方に心から感謝しています。
ママ友を通じて知り合ったカルトナージュの先生宅で茶箱に興味をもち、クラスに通うことを決めました。
新しい技術を教わっていくうちに茶箱がますます好きになりました。
レッスンで習ったことを忘れないために、家でも同じサイズの茶箱を「ピーシーズ(ネットショップ)」で購入して、
作っておりました。こんなに夢中になれることに出会えてとても幸せな一年でした。


Q: 受講中に一番大変だったところは?

萩原先生:自分に厳しくすることですね(笑)
先生に指摘を受けると隠そうとしてしまったり、自分に甘い性格なのでそれが一番大変でした。
「もう少し頑張って手を加えてみない?」と先生から言ってもらえることが自分にとってありがたかったです。
厳しさが愛情だと思いました。レッスンだけでなく、多くのことを教えていただけたように感じます。

Q: 卒業制作のこだわったところは?

萩原先生:お気に入りの生地で作品を作ったことです。
二年程前、トミタショールームで「PIERRE FREY」のこの生地を見たときに、いつかこの布で茶箱を作りたいと思っていました。
高価な生地なので裁断するのには緊張しましたね。刺繍に凹凸があるのでどこに柄をもってこようか考慮しながら制作に取り組みました。茶箱制作の道具を入れることを想定して、中に小物入れを付け足してみたこともポイントです。

Q: 今後の目標をお聞かせください。

萩原先生:制作やアシスタント、レッスンなど,茶箱を作るチャンスがあれば数多くの経験を積み、技術を磨いていきたいと思っております。実家が家具屋を経営しておりますので、そのスペースを利用、インテリア茶箱を展示し、多くのお客様にも見て頂きたいです。そして、家のインテリアとして、茶箱を眺めながら、幸せな気持ちになるような作品を作り、延いてはオーダー品を作れるまでに活動を高め、拡げていきたいと思っております。

萩原先生は高輪・巣鴨にて7月より教室を開催する予定です。

お近くの方でご興味を持たれた方は
shu-nagiwara@ja2.so-net.ne.jp
までお問合せください!
今後のご活躍を楽しみにしております!
荻窪に新インストラクター誕生です!
先月、新しくインストラクターさんが誕生しました!

「A+DECO エープラスデコ」主宰明石知子先生です!
P6220800.jpg

明石先生の卒業作品です。
akashi.jpg
先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!


作品のこだわりについては下記インタビューをごらんください!

明石先生の卒業インタビューです!

Q:卒業されるまでのクラスは如何でしたか?

明石先生:インテリア茶箱を知ったきっかけは、家のカーテン生地をネットで探していた時に
「カーテン生地を使った茶箱」というキーワードが目にとまったことです。
元々カルトナージュを趣味にしていたこともあり、インテリア茶箱にとても興味がわきました。
実際に茶箱を作って楽しかったので、クラスに通うことを決めました。
レッスンは思った以上に中身の濃い内容で、レッスンの予定を最優先に組み、旗の台教室に通った
1年でした。
インテリア茶箱が好きという共通の思いをもつ皆さんとの制作時間は本当に楽しかったです♪
みっちりレッスンをして下さった先生方には感謝しています。

Q: 受講中に一番大変だったところは?

明石先生:レッスンを始めた頃はとにかく筋肉痛がつらかったです。
制作中は先生方から要求される完成度がとても高く感じ、ただただ必死だったように思います。
毎回新しい技術や手法を教わるたびに、身につけていけているのかという不安もありました。
課題として大変だったものは「ストライプ」ですね。
何度もやり直しながら、がんばって作品を完成させました。

Q: 卒業制作のこだわったところは?

明石先生:着物や帯などの和物を使いながらも和風にこだわらない作品を作りたい
という思いが生まれたのでそれを表現してみました。
アンティークショップで一目ぼれした帯を使って、生地の表と裏を上手く組み合わせながら、
オリエンタルな雰囲気の茶箱に仕上げました。
作品を見れば見るほど手を加えたくなり、提出する最後の1週間は毎日作りこむなど
自分で思っていた以上に制作には時間がかかりました(笑)

Q: 今後の目標をお聞かせください。

明石先生:インテリア茶箱を作ることが好きなので、たくさんのインテリア茶箱を作り続けていきたいです。
今後開催する予定の教室では、趣味のカルトナージュも含めた茶箱レッスンができたらいいなと考えています。
インテリア茶箱を通じて、着物や帯の和物の美しさを広く認識してもらえるような活動ができればと思います。
そのためにも作りたいイメージを表現できる技術を身につける努力をしていきたいです!

明石先生は荻窪にて教室を開催する予定です。

お近くの方でご興味を持たれた方は
aplusdeco2017@gmail.com
までお問合せください!
今後のご活躍を楽しみにしております!
静岡に新インストラクター誕生です★★★
先月、新しくインストラクターさんが誕生しました!

「休巣」主宰村瀬明美先生です!

IMG_8840.jpg

村瀬先生の卒業作品です。
先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!



IMG_8807.jpg
作品のこだわりについては下記インタビューをごらんください!

村瀬先生の卒業インタビューです!

Q:卒業されるまでのクラスは如何でしたか?

村瀬先生:お茶農家なのでお茶に関わる習い事をしたい、と思ったのがきっかけでした。
スタート時はやっていけるか不安で不安で仕方ありませんでした。
最初は初級クラスで終わりにしようかと思い、家族とも相談したのですが、
先生方や一緒に受講する皆さんとのクラス時間が楽しくなって、何が何でも卒業したいと思いました。
お休みしてしまう期間が多かったですが、毎回とても楽しみでした。
もう通わない、と思うと寂しいです。


Q: 受講中に一番大変だったところは?

村瀬先生:全て大変でした(笑)
出産してからのクラス受講だったのもあり、家族にサポートしてもらいながら頑張りました!
作る行程を覚えるのも大変でした。

Q: 卒業制作のこだわったところは?

村瀬先生:祖母の着物を使用したいと考えていました。
おばあちゃん子だったので形に残しておきたいと思いました。
さりげなく和室などに置く事が出来、なおかつどことなく、インパクトを与える、ポイントを付けたいと考えました。
レールとロープの色をポイントに選んでみました。

Q: 今後の目標をお聞かせください。

村瀬先生:現在、お茶カフェと飾り巻き寿司教室をしているので「インテリア茶箱」の教室も
併設していきたいと考えてています。
お気に入りの生地や思い出に残しておきたい生地などを使用して、
お部屋の空間をさりげなく飾るインテリア茶箱を作成していきたいと思います。
自分の技術力も、もっともっと高めていけるように努力して、笑顔を作る茶箱を提供していきたいと思います。

村瀬先生はもうすぐご出産予定です☆落ち着かれてからお教室を東海道本線菊川で開催予定です。

お近くの方でご興味を持たれた方は
cafe-rafu@hotmail.co.jp
までお問合せください!
今後のご活躍を楽しみにしております!

町田に新しく新インストラクターが誕生しました!
先日、新しくインストラクターさんが誕生しました!

「Petit Basket」主宰内堀眞由美先生です!

uchibori0209.jpg

内堀先生の卒業作品です。
先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!


uchibori0209c.jpg
作品のこだわりについては下記インタビューをごらんください!

内堀先生の卒業インタビューです!

Q:卒業されるまでのクラスは如何でしたか?

内堀先生:とてもやりがいがありました!
本が最初のきっかけでしたが、自分で作れてお教室で教えられたら、と思っていました。
クラスを受けるのも1年半待ちだったのでやっとって感じでした。
厳しい!大変!と聞いていたけど先生の「愛ある指導」を感じていたのでそうでもなかったです(笑)


Q: 受講中に一番大変だったところは?

内堀先生:集中しすぎると水分をとるのも忘れるくらいだったので体力的に夏がとても大変でした。
細かい部分は何度も見直しながらの作業になり、時間もかかりました。
また、自身の入院、手術があったりして卒業も長引きました。


Q: 卒業制作のこだわったところは?

内堀先生:色々な思いを込めて「ecrin (宝箱)」をテーマにして制作しました。
大柄で鮮やかな生地なので華やかな中にも重量感のある箱になるように
外レール、内張り、脚、タッセルの色にこだわり色の選択に悩み苦労しました。
フランスのアンティーク生地でしたので1×1メートルしかなく、柄合わせをするとギリギリでしたので、
何度も確認しながら布裁断をしました。


Q: 今後の目標をお聞かせください。

内堀先生:現在、自宅でペイント、アクセサリー、カルトナージュのお教室サロンをしていますので
「茶箱」をレッスンメニューに加え、この素敵なクラフトを一人でも多くの方に知って頂けるように
活動していきたいと思っています。
秋に3回めの教室作品展を予定していますので、茶箱の展示もしたいと考えています。
将来、実家のある鹿児島でも、茶箱を知って頂きレッスンする機会が作れたらと、と思います。

内堀先生は小田急線鶴川でお教室をしていらっしゃいます

お近くの方でご興味を持たれた方は
petitbasket.m.u@gmail.com
までお問合せください!
今後のご活躍を楽しみにしております!