プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
日本橋三越イベント開催前特別企画!加賀友禅作家さんをご紹介!vol.3 太田正伸先生
3月25日より開催される日本橋三越でのイベント「春の金沢・花咲く金沢」

イベントの詳細はこちら!

イベントの開催に先駆けまして、当ブログでは今回作品に使用した素晴らしい友禅の生地を
インテリア茶箱のために製作して下さった作家の先生を毎日お一人ずつご紹介してまいります!

第3回目にご紹介させていただくのは
太田 正伸(おおた まさのぶ) 先生です。

1__.jpg


■加賀友禅作家としての略歴
1986年 友禅作家 白坂幸蔵先生に師事
1997年 独立・友禅工房「文庵」を開設
      石川の伝統工芸展 初出品初入選
2004年 第26回加賀友禅技術保存会 銅賞受賞
2007年 第33回加賀友禅新作競技会 中部経済産業局長受賞 受賞
2008年 伝統工芸師 認定
      石川の伝統工芸展 奨励賞受賞
2010年 金沢白鳥路ホテル「平成友禅商店」開催
2011年 第33回伝統加賀友禅工芸展 銅賞受賞(メロディ)
      手描き友禅名刺入れ 石川ブランド認定
2012年 スニーカー工芸展開催
2013年 第39回加賀友禅新作競技会 金沢商工会議所会頭賞 受賞


メディア出演や展示会などにも積極的に参加されている太田先生。
今回の企画についてインタビューさせていただきました!

①加賀友禅に対する作家としての思い
――.作品制作は主にデザイン構成に力を入れています。
キモノを作るにあたり「飾って良し、着て良し」をテーマに、
時代に合ったキモノを制作して行く事を大切にしています。

②デザインの説明、茶箱の為に描くことで工夫や注意されたこと、難しさは?
――着物と違って上下、正面がないデザインを心がけた。また遠く離れても目立つデザインにした。
立体的な物での絵のつながりが難しく、小さな物で試しながらデザインを決めていきました。
今回の2点の作品はそれぞれ目の粗さが違う生地を使って楽しんでみました。

③インテリア茶箱とのコラボレーションについての想い
――何百年前からの歴史ある茶箱と加賀友禅が一緒になってお互いそれぞれが、
新しい展開になったらいいなぁと思います。


ここで太田先生の作品制作過程を少しですがご紹介します!

加賀友禅の制作はおおまかに分類すると
図案→下絵→糊置き→地入れ→彩色→仮蒸し→中埋め→地染め→
本蒸し→水洗い→ゆのし となるそうです。
どの作業も丁寧に行われており、技術の習得には最低でも3年から5年はかかるそうですよ!
写真は糊置きと地染めの様子です。

1___.jpg 1__ (1)
※左が糊置き、右が地染めの模様です。

そして、気になる友禅の模様ですが…完成するとこんな素晴らしい仕上がりに!
____22.jpg

こちらの友禅生地がインテリア茶箱で使用されると……!?
完成された作品はぜひ会場で生でご覧ください!

また、太田先生のHPも併せてチェックしてみてくださいね!

20150318160502253.jpg
イベントの詳細はこちら!

次回の特集もお楽しみに♪
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/375-4f21eb66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)