プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
日本橋三越イベント開催前特別企画!加賀友禅作家さんをご紹介!vol.4 田野美惠先生
3月25日より開催される日本橋三越でのイベント「春の金沢・花咲く金沢」

イベントの詳細はこちら!

イベントの開催に先駆けまして、当ブログでは今回作品に使用した素晴らしい友禅の生地を
インテリア茶箱のために製作して下さった作家の先生を毎日お一人ずつご紹介してまいります!

本日ご紹介させていただくのは
田野 美惠(たの みえ) 先生です。

IMG_2286.jpg


■加賀友禅作家としての略歴 
1984年 日展作家 成竹登茂男先生に師事 
1988年 成竹先生病気により 西川健一先生に師事
     加賀友禅技術保存会出品
1995年 田野染工房を開く
1996年 加賀友禅選抜女流作家新作競技会出品
2011年 日本橋三越「加賀友禅展」出品
2014年 伝統加賀友禅工芸展出品
    その他 加賀友禅新作競技会など

着物のデザインを中心に活動されている田野先生。
田野先生にもインタビューをさせていただきました!

*加賀友禅への想いをお願いします。
――最初の師匠の成竹先生が病気になったり、師匠でもあった友禅作家だった
主人が亡くなったりと独立までスムーズでなかった私にとって、
簡単には止める事ができない仕事です。
また独立した作家一人一人は師匠の特色を何処かに残し、
新しいものを加えて次の世代の人たちに伝えていきます。
私もまた、機械の技術が発達してプリント加工も優れている時代だかこそ、
師匠たちの育んだものをしっかりと残し自分自身の新しい何かを残せるよう
物づくりに取り組みたいと思います。  

*デザインの説明   
――伝統的な 熨斗(のし)模様です。
割り付けの青海波と椿、松、菊と組み合わせて立体的に動きが出るように配置にしました。
古典的な模様のほうが手描き加賀友禅の特色が多く出ると思い、小さい物ですがボカシも入れました。
        
*インテリア茶箱とのコラボレーションへの想いをお願いします。
――着物のデザインばかりしてきた私にとって 今回のインテリア茶箱との出会いは
とても新鮮なものでした、初めての形、用途、新しい可能性を教えて頂きました。
こんな可愛くて、素敵な楽しみ方あった事を知ることができました。
今回こんな貴重な機会を与えて頂き有難うございます。

ここで田野先生の作品を一部ですがご紹介いたします!

写真 2015-03-20 12 20 51

こちらの生地はは友禅で主に使用されるという浜ちりめんだそうです!!
写真は蓋のみですが、ぜひ会場で作品の全貌をご覧ください!

20150318160502253.jpg
イベントの詳細はこちら!

次回の特集もお楽しみに♪
関連記事

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/376-e17639eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)