プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
大阪認定クラスから新インストラクターさんが誕生しました!
先日2月下旬に、大阪認定クラスから新インストラクターさんが誕生しました!
Kamo Classe」主宰の陶山恵美嘉先生です!

suyama_ninteishiki.jpg
認定式には大阪認定クラスの宮田講師(左)も駆けつけてくださいました!

陶山先生の卒業作品です!
suyama_1.jpg

suyama_2.jpg
リバティのタナローンを使用し、共布でつまみ細工を作って装飾しました!
思わず触れて開けてみたくなる箱、という事で制作されたそうです☆

そして、今回からは認定をとるために頑張った期間の「想い」のインタビューも併せて掲載します!

Q: 卒業されるまでのこの一年半はいかがでしたか?
 
陶山先生: 初級、中級、上級と まさにあっという間でした。 一進一退で、自分では時間ばかりが消費され、
停滞しているようでしたが、長い時間をとおして茶箱作品を仕上げることは、
全てが自分と向き合う貴重な時間であったと、今は感じております。

Q: 一番大変だったところは?

陶山先生: 自分の身体的衰えを実感することが多々あり、指の関節痛にも悩まされ、
力の入れ具合の微調整が利かないことなど・・・とても苦労をいたしました。
しかしながら、その痛みを克服し、今は勲章と思えるくらいなりました。
卒業間近、土日連続のお教室はほんとうに充実し、楽しみながらできました。

Q: 卒業制作にこだわったところは?

陶山先生: 小鳥や花、昆虫など自然モチーフがプリントされた生地に合わせ、
共布など を使用して装飾につまみ細工を施したところです。

Q: 今後の目標をお聞かせください。

陶山先生: 習得した技術を駆使しあらゆる場面に於いて使いこなせるよう
自分のものにして行きたいと思っています。
そして試行錯誤の中で茶箱を通してオリジナリテイを表現できるようになりたいと思います。

装飾部分のつまみ細工です!小鳥や昆虫など自然モチーフがプリントされた生地に合わせ、
小鳥やお花のつまみ細工になっています♪
suyama_tsumami2.jpg

suyama_tsumami1.jpg
★認定インストラクターの卒業作品ギャラリーにも掲載されておりますので
こちらもご覧くださいませ★


陶山先生は今後、個人で活動をされるそうです。
ご卒業おめでとうございます!
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/447-b830a4c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)