プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
東京・西麻布に新インストラクターさんが誕生しました!
先日、またまた新しいインストラクターさんが認定されました!

インテリア茶箱HH(光の箱)」主宰の高関ひかり先生です!
takaseki.jpg


高関先生の卒業作品です!
インストラクターコースで使用した、思い出が沢山詰まった生地で制作されました!
まさに集大成!な作品ですね!
takaseki_1.jpg

takaseki_2.jpg


高関先生への卒業インタビューです!

Q: 卒業されるまでのこの一年はいかがでしたか?
 
高関先生: コースが進んでいくにつれて、丁寧に作る事の大切さ、そして
シンプルな物が美しい、という事を実感しました。
繰り返し繰り返し、丁寧に制作していくことで身になったと思っています。
そして、作るだけではなく「茶箱」そのものを広めていこう、という意識が高まりました。

Q: 一番大変だったところは?

高関先生: クラスの出席人数が多い日はどうしてもスペースが狭くなってしまうので
生地を切るのが大変だった、という事でしょうか(笑)。
最初のうちは狭いスペースで生地を切るのに四苦八苦しておりましたが、
慣れてくると狭くても平気で切れるようになりました!
あとは、如何に丁寧に作るか、という事が大変でした。
作っている時はどうしても目の前の作業に夢中になってしまうのですが、
一日立ち止まって冷静になってみるという事が実は上達への近道かも、と思いました。

Q: 卒業制作にこだわったところは?

高関先生: 今までレッスンで使った思い入れのある生地で、型にはまらず
自分らしい雰囲気を表現しました。
フタの前後を変えたり、見る角度によって印象が違ってくる面白さを楽しめるようにしました。

Q: 今後の目標をお聞かせください。

高関先生: 「一生の趣味」をベースに、時間をかけて自分の茶箱を作り続けたいと思います。

★高関先生の卒業作品は、認定インストラクターの卒業作品ギャラリーにも
掲載されておりますので、こちらも是非ご覧くださいませ★


高関先生は西麻布で7月ごろお教室を開催予定です。
連絡先は現在準備中との事ですので、準備が整い次第掲載させていただきます!

今後のご活躍に期待大です!
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/468-b822b62f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)