プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
奈良に新インストラクターさんが誕生しました!
先日、大阪の認定インストラクタークラスからインストラクターさんが誕生しました!

「Atelier La gracieuse」主宰、牛島美樹先生です!
ushijima_1.jpg

牛島先生の卒業作品です。
先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!

ushijima_2.jpg
作品のこだわりについては下記インタビューをごらんください!

牛島先生の卒業インタビューです!

Q:卒業されるまでのクラスは如何でしたか?

牛島先生:とても楽しかったです!しんどい時もありましたが
そのしんどさを乗り越えた瞬間がとても楽しかったです。
課題が仕上がっていくごとに、自分の目線も変わってきました。
一緒に受講している仲間の作品を見るのは勉強になりましたし、
しんどい部分を共感したりできてとても心強かったです。

Q: 受講中に一番大変だったところは?

牛島先生:あまり器用な方ではなかったので、お直しが多かったのが大変なところでした。
途中、何度も「ここでやめた方がいいかな」と思いました。
でもやめてしまっていたら絶対に満足できなかったと思います!

Q: 卒業制作のこだわったところは?

牛島先生:着物生地を使いましたが、柄が洋風的要素の生地であると感じたので、
仕上がりは和風なものにこだわらない作品にしたいと思いました。
お花が華やかなようにも見えますが、色味が少ないので、茶金黄土色の部分を多めに出すことで
カトレアが引き立つのではないかと考え、あとは生地の配分に一番気を使いました。
訪問着は柄の部分が意外と少なく、この生地に合うように布をカットし、装飾を考えました。
おもちゃのネックレスをカットして帯留め風に見えるようにしてみました。

Q: 今後の目標をお聞かせください。

牛島先生:習得した技術を忘れないように、高品質なレベルで作れるようになりたいです。
インテリア茶箱の技術は日々変化していくので、さらに技術向上を目指し満足する作品を作りたいです。
作品を見て作りたいと思われた方には、習った技術を駆使し、顧客満足度100%を目指していきたいと思います。
私は制作することで満足感、喜びを得たので他の方にもその喜びを感じてもらい、
他の方にご指導させていただけたらと思います。
教室はゆっくり、自分のペースで始めたいと思っております。
関西の先輩方と一緒に楽しく活動していきたいです。

牛島先生は奈良で2017年3月ごろからお教室を開催予定です

お近くの方でご興味を持たれた方は
nara-chabako2016miki@kind.ocn.ne.jp
までお問合せください!
今後のご活躍を楽しみにしております!
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/510-985d057d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)