プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
都立大学に新インストラクターさんが誕生しました
先月、新しくインストラクターさんが誕生しました☆彡

「atelier me’tier」主宰佐々木祥子先生です!

卒業1

佐々木先生の卒業作品です。
卒業2

先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!


作品のこだわりについては下記インタビューをごらんください!

佐々木先生の卒業インタビューです!

Q:卒業されるまでのクラスは如何でしたか?

佐々木先生:もっと早くに巡り会いたかったと思えるくらい茶箱作りは楽しかったです。新しく何かを始めてみようと思っていた時、イベントでインテリア茶箱と出会い、その姿に魅せられ、1Dayレッスンに申し込みをしました。当初は1Dayレッスンで楽しく茶箱を作っておりましたが、技術を磨いていきたいという気持ちが高まり、インストラクタークラスに参加することを決めました。受講中は何度もやり直しが出て、進めない時期もありましたが、厳しくも温かい先生のご指導と同じ目標をもつ仲間の励ましで無事に終了することができ、心から皆様に感謝しております。

Q: 受講中に一番大変だったところは?

佐々木先生:フラワーアレンジメントのお仕事とレッスンの両立が大変でした。どちらも休みたくはなかったので無理をして体を壊してしまったこともありました。それでも続けてこられたのは、やはり茶箱が好きだったからです。ストライプ生地の授業では生地の表裏を間違えてしまったり、他にも気になる事が出てきて何度もやり直しを重ねました。カタチに残るものなので妥協はしたくありませんでした。遅れはとってしまったものの制作には手を抜かずに取り組んだことで満足のいく作品に仕上げる事が出来ました。

Q: 卒業制作のこだわったところは?

佐々木先生:クラスに入った時から、卒業制作は成人式の時に祖母が買ってくれた振袖を使おうと決めておりました。着物の柄をきちんと出したかったので、30Kの大きめの茶箱で作ることにしました。1点ものなので裁断するのにはとても慎重になりました。いろんなカラーを使用しているデザインの柄なので合わせる糸やタッセルのカラーも悩みました。祖母との思い出の茶箱は、これから着物や着物の小物入れとして使いたいと思っています。

Q: 今後の目標をお聞かせください。

佐々木先生:茶箱作りにはずっと触れていきたいので、生徒さんを待つだけでなく、制作には積極的に取り組んでいきたいと思います。大好きなフラワーアレンジメントやパッチワークの技術を活かし、新しい作品作りに挑戦すること、そして祖母の残してくれた多くの着物を茶箱として形に残していけたらなと思っています。

佐々木先生は都立大学にて10月より教室を随時開催する予定です。
HP・教室のご連絡先は準備中です。

今後のご活躍を楽しみにしております!
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/599-0ad6ff0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)