プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
大倉山に新インストラクターさんが誕生しました
今月、新しくインストラクターさんが誕生しました☆彡
「ブローディアアートサロン」主宰長島早苗先生です!

nagasimaglad2.jpg
nagasimaglad4.jpg

長島先生の卒業作品です。
nagasimaglad.jpg

先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!


作品のこだわりについては下記インタビューをごらんください!

長島先生の卒業インタビューです!

Q:卒業されるまでのクラスは如何でしたか?

長島先生:レッスンを通じて忍耐力が鍛えられました。インテリア茶箱は他のクラフトよりも完成度の高い作品なので、何度もやり直すこともありましたが、同じクラスのメンバーと励まし合いながら乗り越えていくことができました。生地選びやタッセルを合わせてデザインを考える時間が楽しくて、装飾の工程までいくと嬉しかったです。クラスのメンバーも仲が良く、ランチタイムにはみなさんと地元の美味しいお菓子を紹介しあったりして、和やかな雰囲気でした。話題もつきず、おしゃべりしずぎてしまうこともありました(笑)

Q: 受講中に大変だったことは?

長島先生:何といってもスケジュール調整です。私自身もサロンでレッスンをしていたので、なかなか予定が合わずクラスに長く通うことになってしまいました。レッスンの作業で一番大変だったことは、蓋の工程です。何回もつぶしながら作業を繰り返しましたが、ここの作業が雑だと生地にしわが寄ってしまったり、蓋の厚みも変わってしまうので、大変であると同時に大切な工程でもあると感じました。蓋の作業を終えるとホッとしました。

Q: 卒業制作のこだわったところは?

長島先生:大好きなジム=トンプソンの生地を海外で購入し、グリーンを基調にエスニック調に仕上げてみました。取っ手の金具は自宅にあった古い鍵をポイントに使用し、コーナーはカンボジアで見つけた金具を合わせてみました。ランチタイムの時に先生から「あなたが持っている他のスキルも作品に取り入れてみたら」とアドバイスをもらい、茶箱の内蓋代わりにグラスアートのトレーを制作してみました。最後のレッスンと並行して卒業制作を進めていたので、先生から教わったポイントをメモにとりながら自宅でそれを実践し、1か月ほどかけて完成させました。

Q: 今後の目標をお聞かせください。

長島先生:まだまだ技術不足ですので、色々なサイズや生地で素敵な作品を作っていきたいです。既存の教室があるので、プラスアルファでインテリア茶箱をレッスンに加えていきます。現在、フレンチデコのレッスンも開講しているので、合わせてインテリア茶箱作りの楽しさも教えていけたらいいなと思っています。レッスンを通じて経験をもっと積んでいきたいです。

お近くの方でご興味を持たれた方は
brodia.art.salon@gmail.com
までお問合せください。


=先生の展示会のお知らせ=

現在、横浜そごう にて先生の展示会も開催されております。
SCN_0001.jpg

第21回 ブローディアの仲間たち展
会場:横浜そごう9F センタープラザ&シビルプラザ
会期:5月16日(水)~20日(日)
時間:10:00~18:00 最終日は15:30まで

94329130-7BB0-476D-8440-35EC0E77A366.jpeg
先生がクラスで制作されたインテリア茶箱も展示されています♪

nagasimaglad5.jpg
楽しいワークショップも毎日開催しています。
ぜひ展示会にも足を運んでみてくださいね☆

長島先生は横浜市 大倉山にて6月より教室を開催する予定です。
先生のサロンHPはこちらhttp://www.brodia-art-salon.com/

今後のご活躍を楽しみにしております!
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/672-5abb79af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)