FC2ブログ
プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
群馬県高崎市に新インストラクターさんが誕生しました
群馬県に新しくインストラクターさんが誕生しました☆彡
旗の台教室 認定インストラクタークラスご卒業!

「Sea Lay(シーレイ)」主宰土屋典子先生です!

0823_sotugyou4.jpg


土屋先生の卒業作品です。
tsutiya


先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!


土屋先生の卒業インタビューです!
クラスでの思い出や卒業制作作品についてお話を伺いました。

●クラスについて

Q:インテリア茶箱との出会いは?
20年ほど前、日本経済新聞別刷に茶箱の記事がありました。その記事の中で、大阪で茶箱リメイク教室が掲載されていました。関心を抱き、関東圏で教室をリサーチしたところ旗の台教室を見つけました。茶箱との出会いは幼少期、実家の押入れの中に、ウールの洋服などがしまってあったと記憶しています。

Q:クラスに通おうと思ったきっかけは?
茶箱レッスンに何度か通い、いつかはクラスに入りたいと思いを熱くしていました。退職を機に自分の関心のあることをやりたいとずっと思っており、インテリア茶箱を通じて何か社会へ還元していきたいと考え、クラスに通うことを決めました。

Q: インストラクタークラスの雰囲気はいかがでしたか?
終始和やかムード!ご一緒させていただいたメンバーにも恵まれ、講師陣はもとより、素敵な女性が集う場所で魅力的でした。

Q: 先生の印象は?
常に生徒に目を配り、的確なアドバイスをくださいます。生徒の進捗に合わせ、その生徒のメンタルを慮り、声掛けや提案などなさる姿に先生のあるべき姿も学ばせていただきました。

Q: 印象に残っている作品は?
どれも楽しく、時に苦しく制作しましたが、着物の作品が印象的です。

P3270910.jpg


Q: 楽しかったエピソードは?
NHK「あさイチ」の撮影に立ち会ったことは、思い出です。


●卒業制作について

Q: 作品でこだわったポイントは?
刺繍地の美しさと上品さを表現しました。
色調が淡いため、インパクトに欠けるのでぼやけた作品になってしまうことが一番の懸念材料でした。センターに帯状のアクセントをつけたり、刺繍部分にクリスタルを貼って、さりげなくキラキラをつけることで、上品な作品に仕上げていきました。

Q:大変だったことは?
シルク生地のデリケートさに難儀しました。タッカーを打ち直すと糸が飛び出てしまったり、外レールの布幅が不足気味になってしまい困りました。地方なので、材料の入手にも難儀しました。2か月間かけて制作し、大変でしたが、知恵を絞ることも楽しい作業でした。

●今後の目標について

Q: 今後の目標はありますか?
自分がそうであったように、作品を完成させた喜びを味わうことは、高齢者にも有意義な活動であると思っております。充実感と楽しさを伝え地元に根差し、いろんな世代へ向けて活動していきたいです。教室開講はまだ未定ですが、始めは出張レッスンからスタートし、少人数で単発レッスンをしていきたいです。慣れてきたら、活動を広げていきたいなと思っています。

土屋先生 ありがとうございました!!

お近くの方でご興味を持たれた方は
ichabox.gunma@gmail.com
までお問合せください。

土屋先生は、今後出張レッスンにて教室開催を考えている模様です。

今後のご活躍を楽しみにしております!
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/706-18e4130d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)