FC2ブログ
プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
ローマ教皇が祈りを込めた「奇跡の一本松」の十字架寄贈
2019年12月23日(月)、ローマ教皇に被災地復興、平和、そして命への祈りを込めて頂いた「奇跡の一本松」の十字架が、一つはローマ教皇へ、もう一つは陸前高田市に贈られました。
十字架が納められたインテリア茶箱は、インテリア茶箱クラブのスタッフが想いを込めて丁寧に作り上げた作品です。

このプロジェクトを通じて復興支援の輪が皆の力で大きく広がり育つよう頑張ります。

20201224_kaneko2.jpg

西陣織「螺旋文」の生地を使用して、インテリア茶箱の1KS型を制作しました。

20201224_kaneko6.jpg

20201224_kaneko7.jpg

大切なものを末永く納めるための「茶箱」。
細かい分業で、代々多くの職人の手を通して織上げらる芸術的な西陣織。

日本の「和を尊ぶ心」「ものを大切にする精神」無くしては生まれえないものたちです。

プロジェクトが進行するにつれ、その意義について考え、学び、制作に携わったスタッフ達の手には様々な想いや祈りが込められていきました。

20201224_kaneko4.jpg

20201224_kaneko5.jpg

この宝物をこれから代々守り納めるものとして、インテリア茶箱を選んで頂いた金子コード様に深く感謝致します。
世界の平和を切に願います☆彡

東日本大震災の津波に耐えた「奇跡の一本松」から作られた十字架は今後、岩手県陸前高田市内で展示される模様です。

【関連記事はこちら】

YAHOO!ニュース

日経経済新聞



関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/820-0a458ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)