FC2ブログ
プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
東京都世田谷区に新インストラクターさんが誕生しました
東京都世田谷区に新インストラクターさんが誕生しました☆彡
2020年5月5日 旗の台本部教室 認定インストラクタークラスご卒業!

茶箱工房シェモア主宰小泉かほる先生です!

koizumiface.jpg

小泉さんがご卒業され、インテリア茶箱クラブの認定さんも、ついに100人目をむかえました!!インテリア茶箱作りの楽しさをこれからもたくさんの人に広げていけたらなと思います。


小泉先生の卒業作品です。

koizumi_cyabako.jpg

先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!


小泉先生の卒業インタビューです!
クラスでの思い出や卒業制作作品についてお話を伺いました。

●クラスについて

Q:インテリア茶箱との出会いは?
4年程前の12月に、銀座三越か京橋で開催されていたインテリア茶箱クラブの展示会でお目にかかりました。

Q:クラスに通おうと思ったきっかけは?
インテリ茶箱作りが楽しくて楽しくて、レッスンにも頻繁に通い、毎月のように制作をしておりました。友人・知人に勧められたことをきっかけにクラスに通うことを決めました。

Q: インストラクタークラスの雰囲気はいかがでしたか?
旗の台の教室にはレッスンの受講で通い慣れてはいましたが、お客様として通っていた教室とは全く違い、引き締まった空気でした。諸先輩の方に馴染まないまま初級クラスが過ぎていきました。

Q: 先生の印象は?
お優しい雰囲気ではありましたが、初対面でしたので、初めの頃は緊張しました。

Q: レッスンを通して身に付いたことは?
先生からのご指導のもと、先生の厳しい判断に対し、技術を近づけることの意味が理解できるようになりました。

●卒業制作について

Q: 作品でこだわったポイントは?
生地選びと装飾、大好きなカルトナージュの内箱を中に入れたことです。 「初心」 「ピュアな心」 を忘れずにとの思いでデザインを決めました。

Q: 制作で大変だったことは?
1つは内レールです。生地にストレッチが入っており、テープを押し込むと入ったかのように見えても、時間経過で押し上げられてしまい苦労しました。2つ目は刺繍生地を使ったことで、刺繍が重なって凹凸ができたり、角の厚み部分の仕上げに苦戦しました。

●今後の目標について

Q: 今後の目標は?
大切な方や自分の思い出の茶箱を作り続けたいです。また制作過程を大切にしながら、楽しい語らいも思い出にできるような教室にしていきたいです。人生経験の豊かな私にできることは、「母の手」 「母の愛」 を感じていただけるような指導をすることです。この年齢がハンデにならず、さまざまなアドバイスできるがお教室にしていきたいと思います。

小泉先生 ありがとうございました!!

お近くの方でご興味を持たれた方は
1031.kahoru@gmail.com
までお問合せください。

小泉先生は2020年7月より、世田谷区用賀にて教室開講されます。

今後のご活躍を楽しみにしております!

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/859-fbf69ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)