FC2ブログ
プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
東京都世田谷区に新インストラクターさんが誕生しました
東京都世田谷区に新インストラクターさんが誕生しました☆彡
2020年5月5日 旗の台本部教室 認定インストラクタークラスご卒業!

Atelier-de-couleur(アトリエ・ド・クルール)主宰蔵島千鶴先生です!

zoushimaface

蔵島先生の卒業作品です。

zoushima_chabako.jpg

先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
こちらの写真とは違った角度から撮影されておりますので、是非併せてご覧ください!


蔵島先生の卒業インタビューです!
クラスでの思い出や卒業制作作品についてお話を伺いました。

●クラスについて

Q:インテリア茶箱との出会いは?
TVか雑誌かで偶然見かけることがありまして、その時にとても素敵だと思いました。

Q:クラスに通おうと思ったきっかけは?
インテリア茶箱を3個作り、もっと上手になりたいと思い、通うことを決めました。

Q: インストラクタークラスの雰囲気はいかがでしたか?
楽しい雰囲気の中で過ごすことができました。

Q: 先生の印象は?
穏やかな方が多いと思います。

Q: レッスンを通して身に付いたことは?
トラブルが起きたときのリカバリーです。まだまだとは思いますが、いろいろと教えていただきました。

●卒業制作について

Q: 作品でこだわったポイントは?
今回は、着物の生地に刺繍を施しました。刺繍部分は全部、私の手で刺したものです。ラメ系を使い、和物を少し洋風に仕上げてみました。5KSサイズの茶箱は、高さが短いので、タッセルの位置を上にずらしてバランスをよく見せる工夫をしました。

Q: 制作で大変だったことは?
1つ目は、蓋の角の処理です。ちょうど着物の生地の縫い合わせが4枚だったので、裏に8枚の生地が重なり、その処理に苦労しました。2つ目は、着物の縫い合わせが元々、直線ではなかったため、なるべく直線に見えるように処理をほどこしたことです。

●今後の目標について

Q: 今後の目標は?
まずは自分の周りの人たちにインテリア茶箱の素敵さを伝えたいです。生徒さんに喜ばれるお教室にしていけたらなと思っております。

蔵島先生 ありがとうございました!!

お近くの方でご興味を持たれた方は
zoshima0120@gmail.com
までお問合せください。

蔵島先生は2020年7月より、世田谷区桜新町にて教室開講されます。

今後のご活躍を楽しみにしております!

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/860-fafd2cc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)