FC2ブログ
プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
神奈川県横浜市に新インストラクターさんが誕生しました
神奈川県横浜市に新インストラクターさんが誕生しました☆彡
2020年10月13日 旗の台本部教室 認定インストラクタークラスご卒業!

space K (スペースケイ)主宰Yukari B.K先生です!

20201013_kumakiriblog.jpg

Yukari B.K先生の卒業作品です。

20201013_kumakiriphoto2.jpg

先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
是非併せてご覧ください!


Yukari B.K先生の卒業インタビューです!
クラスでの思い出や卒業制作作品についてお話を伺いました。

●クラスについて

Q:インテリア茶箱との出会いは?
日本ヴォーグ社のフレンチメゾンデコール資格取得中に、テキストに載っていた茶箱のスツールに心を奪われました。

Q:クラスに通おうと思ったきっかけは?
フレンチメゾンデコールを指導してくださった平井先生(Mirabelle主宰)からインテリア茶箱クラブの認定インストラクターコースを教えていただき、いろんな種類の茶箱を作ってみたいという思いから通うことを決めました。

Q: インストラクタークラスの雰囲気はいかがでしたか?
受講されている方の年代はさまざまでしたが、みなさん良い方で、緊張していても笑わせてくれたり、知らなかった生地の店の情報を知ることができて、楽しかったです。

Q: 印象に残っている茶箱は?
初めて制作した帯、着物の茶箱は難しく、時間がかかってしまいましたが、出来上がったときは今までで一番嬉しく、気に入っています。

Q: 先生の印象は?
1つの茶箱を作るのに1か月以上かかると忘れてしまうことがあり、何度聞いていも根気よく教えてくださいました。

Q: 楽しかったエピソードは?
茶箱の仲間で一緒に生地屋さんへ行ったり、展示会を見に行けて楽しかったです。おいしいランチやディナーを食べながら、みんなで茶箱の話になると熱が入り、真剣でした(笑)

●卒業制作について

Q: 作品でこだわったポイントは?
刺繍入りのパッチワーク生地で制作したことです。今回は装飾に帯締めと草履の材料がきれいなので使ってみました。また脚の色がデザインに合わなかったので、自分で色を塗ってみました。

Q: 制作で大変だったことは?
無地だと思っていた生地に、タテヨコに糸目がわかるラインが入っており、苦手なストライプを選んだような結果になりました。生地を張りすぎるとパッチワークのつなぎめが開きそうになったり、帯締めに針が通らない部分があったりと大変でした。

●今後の目標について

Q: 今後の目標は?
全種類の茶箱を作ることです。古茶箱を利用しても制作していきたいです。気に入った生地がいくつかあるので、これから作品を増やしていきたいと思います。

Yukari B.K先生 ありがとうございました!!

お教室の開講は未定てすが、横浜市内にてにてレッスンをされる予定です。

お近くの方でご興味を持たれた方は
kugenuma1125.cat@gmail.com
までお問合せください。

今後のご活躍を楽しみにしております!

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/892-4d8144ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)