FC2ブログ
プロフィール

インテリア茶箱クラブ

Author:インテリア茶箱クラブ
インテリア茶箱クラブ…
東京都品川区。
防虫・防湿に優れた「茶箱」に生地を張って素敵なインテリアにしてしまう今話題のクラフトのお教室。茶箱や生地の販売もしています。

最新記事

カテゴリ

書籍

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

インテリア茶箱ニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

Interior Chabako Club BLOG
インテリア茶箱クラブより ニュース・展示会などのお知らせ・お教室での楽しい話題などをご紹介
京都府京都市に新インストラクターさんが誕生しました
京都府京都市に新インストラクターさんが誕生しました☆彡
2021年3月26日 大阪教室 認定インストラクタークラスご卒業!

ichii主宰竹内美稀先生です!

20210331_takeuti.jpg


竹内先生の卒業作品です。

takeuti_cyabako3.jpg


先生の卒業作品は卒業作品ギャラリーにも掲載されております。
是非併せてご覧ください!


竹内先生の卒業インタビューです!
クラスでの思い出や卒業制作作品についてお話を伺いました。

●クラスについて

Q:インテリア茶箱との出会いは?
2年前、京都で開催された展示会場が最初の出会いです。

Q:クラスに通おうと思ったきっかけは?
着物や帯といった京都ならではの文化的SDGsを茶箱で実現できるテクニックを学べると思い、通う事を決めました。

Q: インストラクタークラスの雰囲気はいかがでしたか?
少人数で丁寧に指導していただけで、とても分かりやすかったです。

Q: 先生の印象は?
とてもチャーミングな先生です。わかりやすく適切に丁寧に教えて下さって感謝しています。

Q: 印象に残っている茶箱は?
帯の茶箱です。コロナでリモートでご指導いただく制作となり、苦労しました。

Q: 楽しかったエピソードは?
茶箱をフラワーデザインに使ってイベントで装飾したり、カレンダー撮影に使えたことです。

●卒業制作について

Q: 作品でこだわったポイントは?
茶箱を道具入れとして持ち歩きたいと思い、茶箱ホルダーをデザインしてみました。自分の日常の仕事に茶箱を取り入れたい思いで茶箱もデザインしました。茶箱のデザインを損なわず、美しく持ち歩ける姿と安定性を試行錯誤しました。蓋裏に笹の装飾を入れ、ドバイの生地でありながら、唐紙の壁紙のような風合いは和モダンの雰囲気になると思いました。和と洋のフュージョンしたシンプルなモダンスタイルに仕上げました。

Q: 制作で大変だったことは?
蓋裏の装飾を茶箱の機能を失わずにデザインすることが難しかったです。生地が厚いので、凹凸にならないように納めなければならなかったため、苦労しました。

●今後の目標について

Q: 今後の目標は?
京都において茶箱の文化を根付かせていきたいです。着物や帯のリサイクルを望んでいる貸衣装店、和装を普及したい呉服店とのコラボレーションやフォションホテル京都とお茶をテーマにしたワークショップを開催していきたいです。

Q: どんなお教室にしていきたいですか?
和装文化が身近な京都でそれぞれの思い出の着物や帯を持ち寄って茶箱に姿を変える楽しさを共有できるようにしたいです。また、本業のフラワーデザインと茶箱を融合したワークショップや新しいデザインを展開していきたいです。

竹内先生 ありがとうございました!!

お教室の開講は京都市 JR嵯峨野線 円町駅にあるJapan Floral planning ショップにてレッスンをされる予定です。

お近くの方でご興味を持たれた方は
noirartsen@gmail.com
までお問合せください。

先生のHPもチェック!!
HP : https://jfp-noircafe.com/
Instagram : miki_noir_arts

今後のご活躍を楽しみにしております!
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://interiorchabako.blog15.fc2.com/tb.php/918-d04edd1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)